マンション売買の際の頭金や売却時期について

810月 - による zero - 0 - 未分類

“マンション購入時に必要なお金とは
マンションを購入する場合に必要なお金としては物件購入価格と頭金、手付け金、そして諸経費が必要になって来ます。
頭金は購入の際現金として支払う部分のことを指します。住宅価格の約2割程度用意しておくと良いとされていますが、頭金ゼロで住宅ローンで購入できるフルローンに対応しているものも多くあります。これを用意するのももちろん重要ですが、この部分以外でどうしても必要となる諸経費というものがあります。
マンション購入の際の手付け金は売買契約時に一部先払いで支払う代金のことを言い、売買契約時には証拠金の形で支払われ、その額は100万円もしくは住宅購入価格の5%程度とされています。手付け金以上の頭金を支払うことも可能でこれらの金額を差し引いた残金を住宅ローンで支払うことになります。

諸経費についても重要
諸経費は住宅購入価格とは別個に支払うもので購入価格の約4%から6%、中古住宅の場合は7%から10%程度とされています。諸経費の内容としては売買契約時の印紙税、所有権移転とか登記時の登録免許税や登記手続きを依頼する場合の司法書士報酬、土地家屋調査士報酬、約半年分の固定資産税、不動産取得税、不動産仲介手数料、金融機関における融資手数料、火災保険料や保証料、団体信用生命保険料、引越し費用や家電家具購入費などがあります。

売るタイミングが重要!急いで売却しないほうがいいマンションとは?
マンション売却については売りやすいタイミングがあるとされ重要視されています。賃貸の場合は1月から3月、購入の場合は9月から11月に物件を探す人が多いとされています。従ってこの時期に合わせて売却の準備を始めるのが良いとされています。
売却についてはもし都市計画上の道路が付くとか大きなショッピングセンターの建設予定があるといった場合には価格が高騰する可能性もあります。もし近くに同じような規模のマンションが建設される予定があるとなると売却価格が下落する可能性が高くなり早めに売却しておいた方が良いことになります。
景気動向も関係し景気が良いと地価も高騰して高値で売却することも可能になりますが、これが悪化すると資産価値が下がり価格が下落する傾向も出て来て不動産取引に大きく影響して来ます。
一般に不動産物件は築10年以内に売却を行うのが一般的とされています。ただ人気のエリアについては築年数にあまり影響しないとも言われています。
売却にあたっては半年前から準備しておくと良いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です