マンションなら夜間も安心で空き巣被害の心配もないです

268月 - による zero - 0 - 未分類

マイホームを購入する時に、マンションと一戸建てで迷うという人は、今も非常に多いです。確かにマイホームの理想の形と言うと、庭付きの一戸建てをイメージする人が多かったりします。ですが一戸建ては、マンションに比べて物件数が少ない上に、販売価格も基本的に高めです。お陰で駅や商業施設の近くといった利便性の高い物件だと価格はかなり高くなるので、便利な街の中心街から離れた郊外でしか購入出来ないケースが多いです。逆にマンションは集合住宅であるだけに物件数もかなり多く、駅や商業施設といった利便性の高い地域に好んで建設される事が多かったりします。なので通勤や通学、買い物を便利に行う事が可能な物件を見付け易いという点も、大きなメリットです。

一戸建てでなく、マンションで暮らす利点としては、セキュリティを高く確保出来るという点も大きかったりします。というのも最近では共働きの家庭が珍しくないので、昼間は完全に留守になるという家は少なくありません。その際、一戸建てだと空き巣に狙われ易くなるので、注意が必要です。というのもプロの空き巣というのは、戸締まりしていても侵入経路を見付けるケースが少なくないので、安心出来なかったりします。同時に一戸建ての場合は、隣近所から少し離れた場所に建っている事が少なくないです。そうなると夜は真っ暗で、泥棒や不審者が侵入して来る恐れがあります。その点、マンションであれば安心です。というのも一階の出入り口がオートロック式だったり、管理人がいる等して出入りする人をチェックしていたりします。その上、マンション内のあちこちに防犯カメラを取り付けているので、空き巣や不審者が立ち入り難い構造となっており安心です。なので夜も安心して、過ごす事が出来ます。

資産価値という面で見ると、確かに建物だけでなく土地も所有出来る一戸建ての方が、価値が高いケースが少なくありません。ですがあくまでそれは、買い手が付く場合の話であり、必ず高く売れるとは限られなかったりします。というのも一戸建ての場合、郊外で購入するケースが多いので、駅から遠かったり、買い物するのも車が必要等、利便性の面でいまいちな所が多いです。そのため、幾ら建物が立派で広めに庭がある家でもそういった不便さが嫌われてしまい、買い手が付かないケースが珍しくありません。その点マンションは、生活環境が整った地域でも手に入れる事が可能です。なのでそういった物件であれば、万が一売りに出しても買い手が付き易いという利点があります。お陰で売りに出した場合も、買い手を見付け易いケースが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です