マンションの空き巣対策と財産の評価方法

37月 - による zero - 0 - 未分類

集合住宅でありオートロックを完備しているマンションでも、空き巣被害は割と多くあります。そこでどのような空き巣対策をすれば良いのかを知っておくと役立ちます。まず基本的に各住戸でどのような対策をとるのかを考えることが大事です。

この記事もご覧ください。
アパートオーナー必見!高く売却するために知っておかなければいけない全知識

まず玄関ですが、鍵をピッキングが不可能となるディンプルキーにしておくことが大事です。できればダブルロックにしておくことで、空き巣被害をかなりの確率で防ぐことができます。さらに窓ガラスやサッシからの侵入を防ぐことが大切です。特に最上階は屋上からベランダに降りてくるケースがあるので、ガラスに飛散防止フィルムを貼っておくことも効果的です。そのような工夫をするだけで、資産価値も高まるものです。

賃貸物件として運用している場合にもこのような設備を施せば、賃借人がつきやすくなります。そのような財産運用として保有するマンションを手放す場合には、買取サービスが便利に利用できます。これは売却とは異なり、不動産会社に直接引き取ってもらうものとなります。すぐに現金化できるのもメリットですが、相場価格よりも少ない金額で手放すことになるので注意は必要です。そこで少しでも高い金額で買取をしてもらうために、どのような業者に依頼をすれば良いのかを知っておく必要があります。

大事な財産であるマンションを高く評価してくれる業者を探すことが必要ですが、基本的には物件の建つ地域に詳しい業者となります。これはマンションの価値を十分に理解できることが理由ですが、その分高い金額で買取できるというわけです。またマンションの買取金額は、その業者が再販する価格からリフォームによって補修にかかった費用を差し引いた額となります。さらに業者の利益分も引かれますが、その補修をいかに最小限に抑えることができるかがポイントです。これは不動産会社の売却能力も大きく左右します。

販売能力が高くない場合には、内装設備に付加価値をつけることで売りやすくするわけです。けれども買取業務に慣れている業者であれば、最小限の手入れだけで再販することができます。そのような業者を選ぶことがポイントと言えます。また賃貸マンションの場合には、実質の利回りが大きく影響します。そのために賃借人がつきやすいように工夫することも必要です。さらに管理状態も賃借人がつきやすいかどうかを左右しますし、その結果家賃設定を高くできるかどうかにも影響を与えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です