マンションへ侵入する空き巣の手際

168月 - による zero - 0 - 未分類

オートロックのマンションが増えていますが、空き巣はオートロックをものともしないと考えて良いでしょう。オートロックのマンションの住人は、オートロックであることに安心して、戸締りをおろそかにしてしまうこともあります。空き巣はそうした点もわかっているため、オートロックのマンションだから狙われないということはまったくありません。

オートロックであっても、非常階段部分には容易に入れることが多いです。オートロックで防げるのは勧誘セールス程度であり、空き巣への効果は期待できないと考え、常に用心しておくことが望まれます。

この記事もご覧ください。
怪しい広告に潜む罠!ヤバい不動産会社の「高く買います」には要注意

空き巣は屋内への侵入も室内の物色も、たいへん手際良くおこなうものです。しっかり計画を立ててから、侵入を実行に移すことも多いようです。ゴミを出したり、郵便物を取りに行ったりする時間帯まで見ていることもあります。いつも鍵をかけないで短時間外に出ることを確認すると、そこを狙ったりもします。短時間で戻って来るのに、あえて侵入するというのは、普通の感覚では考えられないことですが、そうしたことが平気になっているためにできる所業です。高層マンションの最上階の部屋にすら侵入するわけですから、誰もが同じ感覚であるとは考えず、空き巣はそうしたことをまったく躊躇なくおこなうということをわかっておくことが大事です。

空き巣は手際がいいため、ほんの短時間で室内の大半を物色し、予想よりも早く住人が戻ってきても、ベランダ伝いに他家へ次々と移動し、玄関から出られる家を探して堂々と出て行ったりします。防犯対策の第一は、必ず戸締りをすることです。無施錠であったために被害に遭った家というのは意外に多いものです。

防犯カメラも有効な対策のひとつです。録画機能のあるものにすることが大事です。マンションの共用部分に設置するのはもちろんですが、ベランダに面した窓に取りつけるのも効果的です。パソコンやスマートフォンで確認したり、録画したりできるようになっていて、以前に比べれば格段に値段も下がり、機能もアップしています。今や防犯カメラは多くの場所に設置されていて、しばしば犯人を割り出すのに貢献しています。防犯カメラがあるとわかっていても犯罪者は犯罪をやめないわけですが、何の手がかりもない状況よりも、格段にいいですし、防犯カメラがあるとわかった家に、再度侵入することはあまりないでしょう。映像を転送して保存していることを表示しておけば、なお防犯効果が高まるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です