大手企業に学ぶマンションの空き巣対策

98月 - による zero - 0 - 未分類

マンションは一軒家に比べて、空き巣に入られる可能性が低いと考えている人は少なくありません。理由は、ロビーに鍵がかかっているため建物自体に侵入しにくいように見えることです。確かにオートロックタイプのマンションは、鍵を持っているかパスワード番号を入力しないと入ることはできません。しかし実際にはオートロックのマンションでも空き巣は発生しています。彼らの手口は非常に巧妙です。

オートロックタイプに潜む落とし穴を利用しています。住民の多くは、管理人がいることで安心して家の鍵を閉めません。結果として、建物に入りさえすればいとも簡単に部屋に入ることができます。たとえマンションに管理人がいたとしても、住民の後について入ることは可能です。特殊な道具を使えば、オートロックでも簡単に突破できます。効果的な空き巣対策を大手企業から学ぶことができます。多くの大手企業は、備品だけでなく自社の貴重なデータが盗まれないよう細心の注意を払っています。最も大切なことは、各部屋に鍵をかけることです。

各部屋の鍵をかけることは手間がかかりますが、最も簡単で効果的な方法です。大切は物を保管している引き出しにも鍵をかけます。中には鍵をかけると、貴重品であることがばれて逆効果だと感じるかもしれません。空き巣犯は少しでも時間がかかりそうなことは行いません。普通は数分以内に犯行を完了します。大手企業が行なっている別の点は、不必要な現金を置かないことです。現金は盗難以外にも紛失する恐れもあり危険です。最低限の現金だけを保管するなら、万が一盗難にあっても被害は最小限に抑えられます。

この記事もご覧ください。
不動産売却の確定申告で大切になる「譲渡所得税」のチェックポイント

一般的な傾向として、貴重品を寝室に保管する傾向があります。寝室にはあまり人が出入りしないため安全に見えるかもしれません。寝室に保管する場合は、鍵をかけられる場所に保管する必要があります。貴重品を一つにまとめることも危険です。マンションに入る際は、不審者が一緒に入らないかどうか確認しましょう。全ての住民の顔を覚えることは不可能ですが、見慣れない人には警戒が必要です。防犯意識を持つことで、空き巣被害にあう危険を避けることができます。ゴミを出しに行っている間のわずか数分で、空き巣に入られることもあります。

短時間の外出が、長時間になることはよくあることです。例えば、知り合いに出会って話し込んでしまうことも起こります。短時間の外出であっても、必ず施錠しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です