マンションの空き巣対策は成約前に確認しましょう。

128月 - による zero - 0 - 未分類

マンションの購入をお考えの方も多いと思いますが、一番気になるのはどんな点でしょうか。
駅から近いことや、周りにスーパーなどがあって生活の利便性の高い場所など、地理的なことでしょうか。
また、購入金額や管理費や駐車場の維持費など、費用的なことかもしれません。
たくさんの理想や希望をお持ちだと思います。

しかし、成約前に一番確認すべきなのは、空き巣などの防犯対策だといっても過言ではありません。
オートロックだからといって、それだけで安心だと思っていませんか。

最近は、オートロックのところが多数となっていますが、実は、オートロックだからと言って絶対安全ではないのです。
なぜならオートロックだからといっても、空き巣の被害は後を絶たず、また、侵入経路は他にもあるからです。

塀や柵で覆われておらず、樹木で建物の中が目隠しされているようなマンションであれば、人目が少ない時間に侵入することも十分可能です。
また、このようなマンションでは、安心しきってしまい、窓の施錠やドアのカギの施錠を怠ることが多い傾向にあり、そこを狙われる可能性もあります。
窓から侵入されるのは、言うまでもなく低層階が多いのですが、高層階だからといって被害がないわけではありません。
特に、最上階は、屋上から窓への侵入もあり得るため、高層階だからといって窓の施錠をしないのでは危険です。
それでは、どのようなマンションを選べばいいのでしょうか。

まずは、管理人が常駐して巡回するようなマンションであれば、空き巣犯の侵入の可能性は低くなります。
犯人は人目を避けたいため、管理人がいるマンションを避ける傾向にあります。
また、できるだけ侵入しにくい構造のバルコニーを選ぶようにしましょう。

過去に、建物の外側にパイプが露出しているマンションでは、そのパイプを登ってきて侵入してきた例もあります。
樹木がたくさんある建物は、緑に囲まれていて美しい雰囲気が魅力的ですが、あまりにも背が高い樹木が多いようであれば、逆に空き巣犯の好む環境になりかねません。
まずは、それぞれがしっかりとした防犯意識を持つことが大切ですが、その他にもあらゆる可能性を考慮に入れて、本当の意味でセキュリティの高いところかどうか確かめましょう。
成約前であれば、不安な点は質問して、解消しておくようにしましょう。

この記事もご覧ください。
不動産の売却で「物件の引き渡し」に関する売買契約書のポイント

皆さんが笑顔になれる理想のマンションを、まずは安心安全の面から考えてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です